健康診断は無事終わった


まあそれはさておき。
レントゲンを撮ると、史上初めてじぶんの骨を透かし見てしまったヴィルヘルム・レントゲン夫妻の恐慌をおもいおこす。

だが、彼が金属の塊を拾い上げた時に、実に恐ろしい、まったくもって黒魔術のような瞬間がやってきた――自分の手の骨が見えたのだ。この時レントゲンは幻覚の可能性を捨てた。自分が完全に狂ったと思ったのだった。
サム・キーン『スプーンと元素周期表』(ISBN:9784150504472

自分が気が狂ったのではないかと恐れたヴィルヘルムは、バリウムが塗られたプレートに写った妻の手の骨が妻にも見えたことに安堵した。夫より自信家だった彼女はこれを死の前触れだと思った。
サム・キーン『スプーンと元素周期表』(ISBN:9784150504472

「で、先生はどう考えられましたか」
「考えませんでした。調べました。その作用は管から来ているにちがいないと想定しました。その特徴は、他のどこからも出て来られないことを示していたからです。試してみました。何分か後にはその点については何の疑いもありませんでした。紙に発光作用を及ぼした線は管から出ていました。距離を大きくしても、2メートル離してもそうなりました。まずは目に見えない新種の光のようでした。明らかに新しい、記録されていないことでした」
「光なんですか」
「違います」
「電気ですか」
「知られている形のものではありません」
「何なんですか」
「わかりません」
 X線を発見した本人は、このように、これまでこの現象について書いている他の誰とも同じように、その正体を知らないと、穏やかに述べた。
(《マクルーア》誌,no.5,April,1896)

ジョセフ・メイザー『フロックの確率』(ISBN:9784822285494

なにかを発見するとき、理論から予想できるものを発見しようとして見つけるときと、まったくの偶然で、なにかわからないけれどなにか新しいらしいものを見つけてしまうときがあるらしいですが、これは後者の典型例。それがなにかがわからなかったのだから、恐れて当然だ、とはわかるものの、その恐怖をほんとうに想像することは難しい。というか、なにかわからない、ということでいえば、私だって彼らと同じなわけで。理解してません……。でも、それはそういうもの、とのみこんでしまっているので、のみこんでいるものをわざわざはきだして疑問に思うのが難しい。私が知らなくてもだれかは知ってるし。じぶんの手の骨を透かし見ても死なないって、知ってるし。だれかの経験と知識の上で、私は生きている。
新しいもの、というのは、本来、こわいものなのだ。

シリアス向きではない

昔の手書きの日記を(処分するために)読み返してたら、一年半ぐらい前、2017年11月~12月あたりが、すっごく機嫌が悪くて我ながらこわい。忙しかったらしい。まあ、いまのしごとを始めてから、だいたい11月~12月はじめあたりが一年でいちばん機嫌が悪い。
同じ時期、こっちの日記は書いてない、ので、ハイク……は、ないので、フォトライフで振り返ってみると、











ときどきはりきってそうなのがはさまってるけど、流れをおうと、あ、これ、空元気だな……とわかる。とはいえ、疲れてるな、ってだけで、機嫌が悪そうではない。じぶんがわからない……。というより、このまぬけな顔で不機嫌を表現できないだけかもしれない……。

今日の夢

住んでるアパートが、古いけれどとても眺めがよくて(高台?)広くて中庭まであったりして、それでいて安くてよかったわ……といいたいところだけど、鍵がバカになってて、かけてもかけてもなんかの拍子に開いてしまう、という……でもいいうちだったなあ、あれ。旅館っていうか、山寺? みたいな。畳で、窓が大きい。カーテンがない。引っ越したい。(夢の中へ?)

呪い

ゴールデンウィーク無事に終わってよかったです。ええ、ほんとうに……。十連休になるような暦を施行した人間はハゲればいいと思う……。
まあ、それでも私は休めたほうで(音楽を聴きにいったりもした)、上司はたぶん、二週間くらい休みがない。
体重が減るのは、忙しいときにはよくあることだけど、なぜか足が筋肉痛になった。で、バスでこけた。走行中ではない。停車中に。ころーん、とな。ああ、こけるな……と思いつつふんばりがきかなくて。いや、この、「思いつつ」っていうのはあとで脳が再構成したことであって、こういうとき、「意識」はしごとをする暇がないですが。たぶん、本人より周囲の人のほうがびっくりされたかと思います。なぜこける!?と。

(画像はイメージではありません)(ハイクさんに汗をかかされる図が珍しくて)

胃弱部

数日前から胃が痛い。
この、午前9時台に痛いやつ、いやーな既視感があって、いやだわ……(胃潰瘍やったとき……)。
まあ、薬は効く。しかし、薬を飲んでしまうと、効いているから痛くないのか、そもそも痛くないのかがわからん。と、思ったけど、とりあえず今日のところはまだ具合が悪いことは確実。どうして判別できるかというと、朝食後、ほとんど食べずにいて、15時とか16時とかになってもおなかが空かなかったからだ……。明らかにおかしい……。
昨日は休みだったので、療養するぞーと思ってごろごろしてたら、必要(?)以上に気分が沈んだ。病人プレイしてたら病人気分になった。今日、しごとしてたほうが気分がましだった。なんだかなー、身体の具合が悪いのはだいたいしごとのせいなんですけども。
身体が悪いのを無視してふるまっているとあとでつけがくる、というのはわかってるので、そこは気をつけるようにしてるんだけれど、具合が悪いのだ、と意識しすぎると気分が下がり、気分が下がると身体の具合がますます悪くなる。病は気から、というのは真実ではあるのだけれど、病気じゃないと思っていれば病気にならないという意味ではないのが厄介だ。
f:id:ymd-y:20190430192638p:plain